蕎麦屋の日曜日

日常のこと

孤独のメッセージ。

0分で読めます。

当然ですが毎朝そば打ちをしています。
一人で黙々やってます。
15人前(並盛り)打つのに30分かかるんで、120人前打つためには4時間かかる計算ですね
このデジタルの時代にアナログな仕事です。
まあそこがいいんですけどね。
たぶん100年後の日本の蕎麦業界も手打ちでしょう。
蕎麦は手打ちに限る!!!
それで、そば打ち中は創作そばの事を考えたり、ちょっと小唄を歌ったり、そば打ち教室の一人リハーサルやったり
まあそんな感じで時間は過ぎて行く訳ですが、実は孤独なんですよね。
孤独なんですよ。
孤独といえばポリスの「孤独のメッセージ」(message in a bottle)って曲がありましたね。
無人島でボトルに手紙を入れてうんぬんかんぬんってやつです。
そば打ちってやつはメッセージかもしれませんね。
読み手(お客さん)の事を想いながら、書き手(そば打ち職人)がメッセージを綴っていく。
いいじゃないですか!
そんな想いで毎日そばを打ってます。

ま〜いにち ま〜あいにち 僕らは 鉄板の〜
(ポリスちゃうやん!!)

コメントする

認証システムを使わずコメントする場合は、このBlogのオーナーの承認が必要になります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください。また、コメント送信時にメールアドレス・URL欄が空欄のままでも送信可能です。





トラックバック [0]

このエントリーのトラックバックURL:
http://saijosoba-kinoe.com/mt/mt-frec2e-tb.cgi/19