蕎麦屋の日曜日

思ったこと

communication rock city

1分で読めます。

「communication rock city」

大阪北新地にあるカラオケ屋さん。
カラオケって言ってもLive karaokeらしくて
生演奏で歌えるとか、大型スクリーンで本人の映像が
流れるのだとか。とにかくスゴイらしい。

このお店。
学生時代のサークルの先輩が開いたお店。

コンセプトは・・・
人生を歩んでいる僕たちは、10代のあの頃のように、拳を振り上げていますか?
その熱い想いを、僕たちのこの街で、もう一度体感してみませんか?

そう。
あの頃はバンドサークルに入って。
毎日が楽しくて。
音楽を聴くのも演奏するのも語るのも。
音楽が好きで好きで。
先輩の家に入りびたり。
ギター片手に朝まで話したり。
いつか音楽に関わる仕事がしたいなーなんて思ったり。
でも現実と夢との距離がどんどん離れていって。
学生生活も終わり。
就職して。
現実に振り回されて。
「もう若くないんだから」って自分に言い聞かせて。
30代40代を脇目も振らず突っ走って。
いつのまにかクダラナイおじさんになっている。

そんな時。
人生を歩んでいる僕たちは、10代のあの頃のように、拳を振り上げていますか?
その熱い想いを、僕たちのこの街で、もう一度体感してみませんか?

何か込み上げるものがあった。
別に学生時代に戻りたいと思わないけど。
音楽している先輩がカッコいいと思う。
忘れつつあるあの頃が素敵だったと思い出す。

あなた達の後輩で良かったとつくづく思う。

コメントする

認証システムを使わずコメントする場合は、このBlogのオーナーの承認が必要になります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください。また、コメント送信時にメールアドレス・URL欄が空欄のままでも送信可能です。





トラックバック [0]

このエントリーのトラックバックURL:
http://saijosoba-kinoe.com/mt/mt-frec2e-tb.cgi/180