蕎麦屋の日曜日

思ったこと

「若者のすべて」

0分で読めます。

先日、東京へ行ってました。

「他所から来た人間が、その地で生きていく。」
その経験値を語ってくれという内容。

おいおい。
私でいいのか?と思いつつも。
先日、一緒に食事をさせて頂いた
喜多川泰先生の影響もあってか
登壇させていただく事になりました。

喜多川先生のあの言葉。
「僕を必要としてくれているから、僕はそこに行く」と。

会場を見ると若者から年配者まで。
女性もいる。

不思議と緊張はなかったが
僕の想いが届くのかな。
いや、届かなくてもいい。
そんな事を期待するのがオコガマシイ。

「生きていく方法論」よりも「生きていく価値観」を語ったように思う。
人はどうあるべきか?なんて。

懇親会中に数名の方とお話をした。
その中でも1人の青年が夢を語ってくれた。
彼は東京在住の西条人。
とてもステキな夢だった。
夢はいいもんだ。

その夢は必ず叶うと思う。
経験している僕が言うから間違いがない。

夢があるから理想が持てる。
理想があるから計画が持てる。
計画があるから実行が出来る。
実行するから成功する。
つまり、夢があるって事は成功するって事。

がんばれ。

コメントする

認証システムを使わずコメントする場合は、このBlogのオーナーの承認が必要になります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください。また、コメント送信時にメールアドレス・URL欄が空欄のままでも送信可能です。





トラックバック [0]

このエントリーのトラックバックURL:
http://saijosoba-kinoe.com/mt/mt-frec2e-tb.cgi/191