蕎麦屋の日曜日

最新の50件

お褒めをいただきました。

先日の10周年のイベントも冷めやらぬ中、一通のお手紙をいただきました。
松山の方からです。
ありがとうございます。
感動と感謝とこの思いに応えなければならない責任と
様々な感激が交差しました。
何度も何度も読み返しました。
本当にありがとうございます。
しかしながら「西條そば甲」は発展途上でございます。
まだまだ会得しなければならないことが沢山あります。
奢ることなく蕎麦道を追求していきます。
ありがとうございます。

どうして君が泣くの?

なんだかスッキリしない。
天気が悪いから?
体脂肪?
仕事?
プライベート?
その他の活動?

うーん。
そうだ!
忘れてた。
俺はギターが弾けたんだ!
ギターを弾いてスッキリしよう。
曲は何がいいかな?
そうだ!あれだ!
ドラえもんの曲。
「どうして君が泣くの?〜」ってやつ。

Fmajor7から始まって。
ほおー。
ミスチルの桜井さんがよく使ってるアレだな。
さて次は・・・
なんだこのコード。
おいおい。
めっちゃ難いやん。
チョームズ。

はぁ〜
スッキリしない。

エモーショナルな「ポテそば」  

もと大阪人として、やはり気になりますな。大阪が。

まあ、ただ単に「エモーショナル」と「ポテそば」って言葉が使いたかっただけですけどね。

いま大流行の「ポテそば


流行ってるそうですよ。
で、実際やってみました。
まかないで。

ポテトはモスバーガーへGO!!

うん。いつものポテトだ!!

かけそばの上にON!!

うーーーーん。


娘の入学にて思うこと。

くるみ へ

小学校入学おめでとう。
お父さんはお店をしているから、
入学式を最初から最後まで出席できなかったけど
先生から名前を呼ばれてしっかり返事ができたのはエラかったと思うよ。
そこだけを見れてよかったです。
周りの友達のように、親子で並んで校門で写真なんてできないけど、
今日の事は忘れずに覚えておこうとおもいます。
まあ、ぼちぼち遊びも勉強もがんばって。

これからも くるみ が幸せでありますように。


ジョンのれん

暖簾(のれん)をリニューアルしました。
10年間使えりゃ、そりゃそうなるわな。
使用感たっぷり。
でもこの暖簾は開店の時にお祝いで頂いたもの。
ならばって事でデザインそのままにしました。
ご覧ください。
そっくりです。
オーダー名は「そっくりのれん」
うーん。
わかりやすいネーミング。

そういや、「のれん」で思い出した。
むかし、神戸にあったラーメン屋。

「ジョンのれん」

もう20年前の事だから記憶が曖昧やけど、
ビートルズ専門ラーメン店。
震災後閉店したみたいやけどね。

ビートルズ好きな先輩と一緒にそのラーメン屋へ。
「いらっしゃい!」
店員さんのはフツーな感じ。
ジョンレノン似のお兄さんでも期待してたのに。
でも不思議とメンバーの誰かに見えてくる。
さて、何を頼みましょうか。
・イマジンラーメン
・ジョージハリスンセット(ラーメンと半チャン)
・アビーロード定食
・ギョーザマッカートニー
・からあげヨーコ

もう何がなんだか・・・

やはりネーミングは大事やね。


ビフォー
アフター

そば打ち体験教室 in ヒミタチバナ

先日、西条市の橘小学校PTAにお招きいただきまして、
「そば打ち体験教室」の講師をいたしました。
そば打ちの基本とその他のウンチクなどなど。
私の模範演技に続いて子供達と父兄の実演。
その後、実際に打った蕎麦の試食。

まあ、皆さん上手ですね〜
すべての方が初めてなのに
目標の「麺にすること」が達成しました!!
いや〜橘小学校は全校生徒100名ぐらいの小さな小学校。
みんな素直だわ。
うん。素直に講習を聞いてくれたけん出来たんだろね。
そう!そば打ちには素直さが一番の上達だろね。
子供達に教えてもらった1日でした。

節分そば

たまにはね。
そば屋っぽいブログでも。

節分蕎麦について

節分に寿司の丸かぶりはを食べるのは大阪が発祥らしいね。
恵方に向かって無言で巻き寿司を丸かぶりすれば良いとされてます。

巻き寿司もいいんですが、地方によっては節分に蕎麦を食べる風習があります。

節分とは、季節の変わり目のことで、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日のことだそうで、本来は一年に4回の節分があるんですが、この中の立春の前日を称して節分と呼ぶようになっているそうです。
立春の前日は大寒の最終日、つまり冬から春への節目の日なので節分と呼ばれています。
江戸時代には、大晦日ではなく節分が本当の年越し(立春が年の改まる日)という考え方があったそうです。
そのため、節分に食べる蕎麦は「節分そば」と呼ばれていました。

立春を迎える前に、蕎麦を食べて身を清め、新しい年を迎えたそうです。

蕎麦の実は魔よけになるといわれ、蕎麦を食べて、前年の邪気を払うという意味もあるそうです。

今日の甲は、まあいつもの甲ですが、店内の恵方に「恵方はコチラ」って張り紙をしてますんで
そちらの方をチラッと向いてもらえたらと思います。これで今年は大丈夫。
お昼は蕎麦で、夜は巻き寿しで、今日はこの流れでいきましょう。

not 痛風 bat 体内脂肪。

先日、血液検査しました。
心配なことがありまして・・・

私の周りにもソロソロ出てきました。

「痛風」

そうです。
風が吹いても痛いという痛風です。

まったく自覚症状はないのですが、
やはり心配です。
で、行きつけのサカネポスピタルへ。

「先生、通風が心配なんで血液検査お願いします」

先生は笑いをこらえてました。

「はあ、わかりました。」
まだ笑いをこらえてます。

数日後、結果が出ました

「荻原さん、大丈夫です。痛風ではないです。」
(先生、半わらい)

おー神よ。ありがとう。僕は痛風じゃない。
これでみんなに自慢できる。
(誰にすんねん?)

「でも!!」
「体内脂肪の数値がヤバイです。」
「酒は控えてください。and 運動してください」

おーなんてこった。

not 痛風 bat 体内脂肪
(not A bat B・・・AではなくB)


感謝状をいただきました。

先月末に行った『めぐみ保育園年越しそば』の感謝状をいただきました。
かなりのビックサイズです。ありがとうございます。
店舗入り口入って右側に貼ってます。
ご覧ください。
「たいしょう  かっこいい」って書いてくれてます。
ここ注目です。

至誠にして動かざるは、未だこれ有らざるなり

最近、歳をとったせいか、ちょっとした言葉に耳がそっちを向くみたい。
先日の大河ドラマでの吉田松陰の言葉が出てたね。
「至誠にして動かざるは未だこれあらざるなり」
うーん。
いつ聞いた言葉やったけ?
司馬遼太郎の「世に棲む日々」で出てきたっけ?
読んだ当時は若かった事もあって、そんなにピーンと来てなかったけど、
この歳になると段々と感じるものがあるんだろね。
いやー。
今年の大河はいいね。実にいい。
幕末の長州ってのがいい。
おもしろい!!
僕のご先祖様は薩摩人なんでね。
昔から歴史の視点は薩摩目線で見るんよね。
(まだ本家は鹿児島にあります。)
だから同じ幕末でも2年前の「八重の桜」は複雑な感じやったね。
そういや、むかし家族と両親連れて「東映太秦村」に行った時、
ムスコが記念撮影で新撰組のハッピを着そうになったら
オヤジがすかさず「そんなもん着るもんやない!」と一喝。
未だに薩摩人のDNAは健在でした。(笑)

ハナシは戻って・・

「至誠にして動かざるは未だこれあらざるなり。
誠ならずして未だ能く動かす者はあらざるなり。」

軽くググると・・・

誠意を尽くして事にあたれば、どのようなものでも必ず動かすことができる。
逆に不誠実な態度で事にあたれば、何ものをも動かすことは決してできない。

だそうです。

がんばろー。俺!