お知らせ

最新の50件

THE 年越し蕎麦

♫お土産忘れないでちょうだいね〜♫
愛媛県人ならこの曲でピン!と来るでしょうね。
しかし、県内のお蕎麦屋さんは たぶん、きっと こう感じるはず・・・
「来たな!!THE 年越し!」
という訳で今年も販売します。

年越し蕎麦
生そば(生めん)
2人前1500円で承ります。
おツユはザル用orかけ用をお選び頂けます。
手打ち蕎麦のため生産数量に限りがあるので完全予約制です。
お引き渡しは店頭にて12月31日11:00〜15:00までとなっております。
尚、配送等は行っておりません。

ご予約はお電話にて
0897−55−7836

そば打ち教室は来年3月までかな??

ありがとうございます。
毎月第3水曜の「そば打ち教室は」・・・
一旦、来年の3月で終わりになります。
今まで市役所関係の方々にお世話になっており、
何とか教室を開催出来ましたが
一旦、来年3月で終わりにしたいと思います。
今後は、地域のそば屋として地域貢献出来る形で存続したいと思ってます。


地域・子供会・保育園・などなど
地元のそば屋として、地域に貢献出来たらと思ってます。
ありがとうございました。

今月の新刊

今月の新刊です。
「蕎麦屋のしきたり」です。
ウンチクだけでなく蕎麦屋の歴史なんかもチラ見してて面白かったです。
でも、僕の事を知っている人は解ってくれると思うんですが
あんまり蕎麦ウンチクは言わないんですね。
語らずとも蕎麦を感じてほしいって勝手な想いなんです。
それと好きな言葉がありまして

「知る者は言わず、言う者は知らず(老子)」

ある意味、難しい堅物な蕎麦屋でいたいと思います。なんちゃって。

年末・年始の営業のお知らせ

今年もあとわずかとなりました。
そば屋が輝く日までのカウントダウンです。
さて、年末年始の営業日のお知らせです。

28日(金) 通常営業
29日(土) 通常営業
30日(日) 定休日
31日(月) 休業・・・お持帰りのみ営業します。
 1日(火) 休業
 2日(水) 休業
 3日(木) 休業
 4日(金) 通常営業

よろしくお願いします。

鴨なんそば 販売開始です

冬の定番「鴨なんばん蕎麦」販売開始しました。
昨年の機内誌掲載から大人気を頂いてます。
ありがとうございます。
蕎麦ツユと鴨脂の相性が完璧だと思ってます。(自画自賛)
販売期間は3月ぐらいまでです。
よろしくお願いいたします

「つけ麺かもざる」は販売終了致しました。

お酒はお好きです?

きのえのお酒コーナ充実しております。
大将はお酒が好きなんですね。
蕎麦屋の大将で良かった。良かった。
さて日本酒入荷情報です。
①欠品状態だった「王禄」入荷しました。
②日本酒アワード金賞の「七田」入荷です。
③それで、なんと、山形の「くどき上手」入荷です。
いや〜楽しみですね。雄町はいいでよ。

今月の甲文庫

今月の甲(きのえ)文庫のお知らせです。

①そばもん10巻
とうとう10巻が出ました。珍しい蕎麦ネタのマンガです。文庫の中で一番人気です。
深い蕎麦の世界を解りやすく伝えてますね。
②蕎麦屋の常識・非常識
まだ読んでないんですが、いま一度お客さん目線での蕎麦屋への想いを
見つけれたらいいなって思ってます。

西条祭り期間のお休みについて

下記期間は西条祭りのためお休みさせて頂きます。
10月14日〜17日まで。
18日からは通常営業致します。
よろしくお願いいたします。

「つけ麺鴨ざる」販売開始します!!

初秋の大定番「つけ麺鴨ざる」販売開始いたします。
「鴨がねぎをしょってきた」とはよくいうが、これは"相性の良い食材"で、ねぎが鵯肉の臭みを消して、香りをプラスし、おいしい料理ができるということである。これこそ「鴨ーん」です。(親父ギャグですみません)
ねぎにはカルシウム、鉄、ビタミン類が豊富で、カロチンも多く含まれている。
また、鴨肉は、脂肪が多く、その脂肪の粒子は大変細かいので、消化しやすく、飽きのこないサッパリとした味が楽しめる。
さらに、鴨肉は豚、牛肉より不飽和脂肪酸(リノール、リノレイ、オレイン酸)が多く含まれて成人病の予防に役立つといわれている。 これは人体中のコレステロールの蓄積原因を抑える効果がある。
そして、タンパク質、ビタミンB1、B2、ミネラルをバランスよく含み栄養価も豊富で、優れた低脂肪(赤身)、高タンパク質食品といえる。
この二つの食材に血液をさらさらにするルチンが含まれた健康食品そばが加わる「鴨ざるそば」は味、栄養とも満点、ぜひ自分で作ってその味を堪能して下さい。

石鎚「ひやおろし」入荷しました

地元、石鎚酒造の「ひやおろし」が入荷しました。
口当たり柔らかく、米の膨らみを感じる辛口の純米酒です。
オススメの飲み方は「ぬる燗」で楽しんで頂いて、「鴨ざる」で締める。
今年の秋はコレでしょう。