蕎麦屋の日曜日

思ったこと

令和4年は壬寅(みずのえとら)です。 New!

0分で読めます。

明けましておめでとうございます。
今年は壬寅年ですね。
店名が「甲」だけに暦の説明を。

「壬寅」は「陽気を孕み、春の胎動を助く」、
冬が厳しいほど春の芽吹きは生命力に溢れ、
華々しく生まれる年になるということ。

そう。
昨年来のコロナ的なやつがもう終息して
本来の生活が戻るんではないかな。
良い年になるとええですな。


話は変わり。
「年越しそば」の事。
大盛況の中終了し、胸を撫で下ろしております。
特に今回からは「真空機」の導入により
打ったそのままの品質でご提供できたのではないか?
自信ありですわ。
でも、数量をこなす事が困難になってきてます。
年齢的にね。
次回はもう少し打つ数を減らそうかなと思ったりしてます。

しかしお蕎麦を余すことなく、できる数だけの販売って
sdgsちゃいますのん。
先行行ってましたな。


新年の営業開始は5日よりです。
特に6日7日限定の
「七草そば」しますね。

今年はムスメが「七草バイト」に行ってます。
その事は後日談で・・・


コメントする

認証システムを使わずコメントする場合は、このBlogのオーナーの承認が必要になります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください。また、コメント送信時にメールアドレス・URL欄が空欄のままでも送信可能です。





トラックバック [0]

このエントリーのトラックバックURL:
https://saijosoba-kinoe.com/mimms8bk/mt-tb.cgi/245